薬剤部

薬剤部では、患者さまに安心して治療を受けていただくために、薬に関する様々な業務を行っています。薬の専門家としての知識を生かし、医療チームの一員として患者さまに満足していただける医療を提供できるよう努めています。

業務の紹介

調剤業務

外来・入院患者さまの内服薬・外用薬の調剤業務を行っています。医師が処方したお薬について、用量、服用方法、期間、飲み合わせなどに問題がないかを確認し、患者さまに適切な処方がされるように調剤を行っています。お薬に関しての相談も行っていますので、お気軽に薬剤部の調剤受付窓口で声をお掛け下さい。

注射業務

注射剤処方せんに基づき、投与量、投与速度、投与方法、配合変化などをチェックし必要に応じて医師への確認を行い、患者さま毎に取り揃えて各病棟へ払い出しています。

薬剤管理指導業務

患者さまと面談し、服用歴を管理し、現在服用している薬、過去に起きたアレルギーや副作用等について確認し、その内容を正確に医師に伝え、入院してからの薬物治療がより良いものとなるように服薬指導を行っています。服用しているお薬の情報(名前、薬理作用、用法、用量、副作用等)を提供することにより、患者さまがお薬について理解を深め、納得した上で服用して頂けるように分かりやすく説明します。

医薬品情報業務

製薬会社からの医薬品の添付文書の改訂や副作用情報などを整理して、その情報を必要とする患者さまや医療スタッフへ早期に伝達できるようにしています。

麻薬管理業務

医療用麻薬の保管・管理・廃棄に関することを行っています。また、麻薬および麻薬容器類の回収・処理などもしています。

医薬品管理業務

内服薬、注射薬、外用薬などをオンラインによる発注システムにより過不足なく迅速に購入し、院内の各部門へ供給します。医薬品はその購入や供給に医薬品の品質・経済性を含めた管理が必要なため、適切な購入管理・在庫管理を行います。法的管理が義務付けられている医薬品(麻薬、一部の向精神薬、特定生物由来製品など)なども薬剤師が管理しています。

チーム医療

安全で適切な治療が行われることを目的に、カンファレンスや回診等で患者さまの治療について多職種間で協議しています。
ICT(感染制御チーム)・褥瘡チームといった専門分野に特化した医療チームにも参加しています。