検査・治療装置

スポーツ障害の診断・治療に効果的な検査・治療装置を積極的に導入しています。

安全かつ確実な治療のため、最新の4K関節鏡カメラシステムを導入いたしました。
従来のカメラシステムに対して4倍の解像度を有する4K映像で手術を行うことが可能となるシステムです。

ヨーロッパを中心に普及した、欧米ではスポーツ選手を中心に低侵襲で安全かつ有効な治療として認められた疼痛疾患の除痛治療装置を導入。(奈良県下初!)

体外衝撃波疼痛治療装置の受診について

  • 完全予約制(1日4名まで。1枠30分)
  • まずはお電話にてお問い合わせください。
    0743-74-8660(阪奈中央病院 スポーツ・関節鏡センター)
  • 日本国内では難治性足底腱膜炎に対してのみ保険が適用されています。