整形外科

整形外科は、運動器(骨・関節・筋肉・末梢神経)の診療を行います。
整形外科が扱うすべての分野の一般診療に対応させていただきますが、当院で、特に力を入れている関節外科の治療について紹介させていただきます。

小侵襲の関節外科に力を入れています

関節鏡を積極的に用いて、小侵襲(全身への負担・切開等が少ない)の手術を行っています。
このたび、関節鏡関連の手術機器が大幅に充実し、さらに多様な治療を提供させていただくことが可能になりました。
対応可能な関節部位は、股・肩・膝・手(指)・肘・足です。
スポーツおよび一般外傷・加齢による変性疾患・リウマチ等の炎症性疾患など様々な原因による関節の疾患、外傷の治療に対応できます。

関節鏡を用いた主な手術例

  • 股関節唇損傷、FAI(大腿骨臼蓋インピンジメント)に対する鏡視下股関節唇形成術など

  • 腱板断裂に対する腱板修復術
  • 肩脱臼に対する脱臼制動術(反復性や骨折合併を含む)
  • インピンジメント症候群に対する肩峰下除圧術
  • 拘縮肩に対する授動術など

  • 半月板損傷に対する半月板部分切除および半月板縫合術
  • 前十字靭帯損傷等の靭帯損傷に対する靭帯再建術
  • 軟骨損傷に対する自家軟骨移植およびドリリングなど

  • 三角線維複合体(TFCC)損傷に対する鏡視下デブリードマン、鏡視下縫合術
  • 尺骨突き上げ症候群に対する鏡視下尺骨頭切除術
  • 変形性手関節症に対する鏡視下関節形成術
  • 手関節背側ガングリオンに対する鏡視下切除術
  • 関節面損傷を伴う橈骨遠位端骨折に対する関節鏡下整復(合併靭帯損傷も対応可能)

  • 母指CM関節症に対する鏡視下関節形成術など

  • 関節内遊離体に対する鏡視下遊離体切除術
  • 変形性関節症に対する鏡視下関節形成術など

足の外科専門医の熊井医師(奈良医大講師)・東山医師(松倉病院院長) による外来診療を行っています。手術治療も可能で、関節鏡による最先端の治療も対応できます。

リウマチ

  • 関節リウマチによる各関節の滑膜炎に対する滑膜切除術

その他

上記の他、様々な関節疾患・外傷の手術に、関節鏡を積極的に導入しています。

人工関節・骨切り矯正手術に力を入れています

可能な限り小侵襲な手術方法で骨を温存し、筋肉等のダメージが少なくなるように行います。術後の機能や耐久性に重要である人工関節の部品の最適な位置へ設置や靱帯バランスなどと、小侵襲手術の両立ができるように切開の大きさや手術方法は、慎重に決定しています。
また、初期高齢者で、残存軟骨での機能維持が期待できる場合は、骨切り術を積極的に行って、人工関節回避もはかっています。
たとえば、高位脛骨骨切り術とよばれる膝の骨切り術は、以前は、退院・社会復帰までに日数がかかることがネックとなっていましたが、近年の手術方法や器具の改良で、術後、3週程度での退院・復帰も充分可能で、その期間は人工関節と遜色がなくなっています。

ロコモティブシンドロームの予防に力を入れています

関節疾患の進行を予防することができれば、手術などの治療も行わなくてすみますし、運動器の機能を維持でき、転倒や骨折を防止することが可能になります。

現在、我が国では転倒等により、大腿骨近位部骨折(ふとももの付け根の骨折)が一年間に12万件以上も発生するなど、高齢者の骨折の急激な増加と、これに伴うQOL(人がどれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているか)やADL(普段の生活において必要な動作-食事や排泄、入浴、移動、寝起など) の低下、医療費の増大は社会問題にもなっています。
日本整形外科学会では、運動器の健康維持と健康寿命の延伸のため、運動器障害による移動能力の低下をロコモティブシンドロームと提唱して啓蒙につとめ、またロコトレ・ロコチェックを提唱してロコモティブシンドロームの予防を目指しています。

日本整形外科学会ロコモチャレンジへ 

ロコモティブシンドロームが気になられる方も、ぜひお気軽に受診して下さい。必要な診察を行って、対応方法をアドバイスさせていただきます。
当院は、リハビリテーション科が大変充実していますので、ロコモティブシンドロームが進行し、運動器不安定症になっている方には、治療としてのリハビリテーションを行うことも可能です。(リハビリテーション科に紹介して適応の有無について診断を依頼させていただきます)

日本整形外科学会運動器不安定症へ

JOANR事業への参加について

━ 当科で外科治療を受けた患者さまへのお願い ━

当科では、「日本整形外科症例レジストリー(Japanese Orthopaedic Association National Registry:JOANR)」に協力しています。
当科に入院された患者さまの臨床データを解析させて頂き、整形外科医療の質の評価に役立てることを目的としています。

JOANRへ提供するデータに関して:個人を特定できない形に加工したデータで提供しますので、患者さまのプライバシーは完全に保護されます。

JOANRの解析に自分のデータを使用されることを拒否される方は、その旨をお申し出下さい。また、その他研究事業についての資料を閲覧希望の方は、JOANRホームページをご参照下さい。

医師紹介

大村哲司副院長

副院長
大村 哲司(おおむら てつじ)

資格

  • 日本整形外科学会 専門医
  • 中部日本整形外科災害外科学会 評議員
  • 近畿小児整形外科懇話会 世話人
  • 日本専門医機構 整形外科専門医
  • 奈良県立医科大学臨床教授
  • 医学博士

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 中部日本整形外科災害外科学会
  • JOSKAS(日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会)
  • 日本小児整形外科学会
  • 近畿小児整形外科懇話会

スポーツ・関節鏡センター長
河口 泰之(かわぐち やすゆき)

専門領域

膝関節外科、スポーツ整形外科、再生医療

資格

  • 日本専門医機構 整形外科専門医
  • 日本スポーツ協会公認スポーツドクター
  • 医学博士
  • ロコモアドバイスドクター
  • バンビシャス奈良チームドクター
  • 日本セーリング連盟 医事・科学委員
  • 奈良県国体帯同ドクター

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)評議員
  • 日本Knee Osteotomy &Joint Preservation研究会 幹事
  • 日本臨床スポーツ医学会
  • 日本臨床バイオメカニクス学会
  • 日本整形外科スポーツ医学会
  • 関西 Knee Osteotomy 研究会 世話人
  • 北海道整形災害外科学会
  • 中部日本整形災害外科学会
  • 奈良スポーツ医学研究会 幹事
  • 奈良鏡視下・低侵襲手術研究会 幹事
  • 奈良骨折研究会 世話人
  • ISAKOS(国際関節鏡・膝関節外科・スポーツ整形外科学会)
  • ESSKA(ヨーロッパ スポーツ外傷・膝関節外科・関節鏡学会)
  • APKASS(アジア・太平洋膝・関節鏡・スポーツ医学会)
飯田昭夫整形外科部長

整形外科 部長
飯田 昭夫(いいだ あきお)

専門領域

手・肘・マイクロサージャリー

資格

  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本手外科学会 専門医・指導医
  • 医学博士
  • 日本専門医機構 整形外科専門医
  • 奈良県立医科大学臨床教授

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本手外科学会
  • 日本肘関節学会
  • 日本マイクロサージャリー学会
  • 中部日本手外科研究会
  • 中部日本整形外科災害外科学会
  • 日本骨折治療学会

整形外科医師
松井 満政(まつい みつまさ)

資格

  • 日本整形外科学会 専門医
  • 日本専門医機構 整形外科専門医

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本股関節学会
  • 日本人工関節学会
  • 日本骨折治療学会
  • 中部日本整形外科災害外科学会

整形外科
西村 碩人(にしむら ひろと)

所属学会

  • 日本リウマチ学会
  • 日本整形外科学会
  • 日本足の外科学会

整形外科(非常勤)
寺西 朋裕(てらにし ともひろ)

専門領域

股関節外科

整形外科(非常勤)
面川 庄平 (おもかわ しょうへい)

専門領域

手の外科・肘・マイクロサージャリー

整形外科(非常勤)
奥田 壽夫 (おくだ ひさお)

専門領域

整形全般・手の外科

整形外科(非常勤)
中島 弘司 (なかじま ひろし)

専門領域

脊椎外科

整形外科(非常勤)
東山 一郎 (ひがしやま いちろう)

専門領域

足の外科

担当医師表

午前9:00-12:00※受付は
8:00-11:30
  • 飯田
  • 大村【脊椎・股関節・
    小児整形】
  • 松井〈初・再診〉
  • 寺西〈初・再診〉9月第1週 9:30-11:30
  • 河口【膝】
  • 西村
  • 面川【手】
  • 飯田【手・肘】
  • 西村〈初・再診〉
  • 奥田
  • 中島〈初・再診〉
  • 東山
  • 大村【脊椎・股関節・
    小児整形】
  • 塚田〈初・再診〉
  • 熊井予約:9:00-11:00
  • 担当医〈初・再診〉
  • 担当医〈初・再診〉
午後
  • 奥田《予約》14:00-16:00
  • 永元《予約》14:00-16:00
横にスライド