部門紹介

外来部門

  • 当院に通院されたことのない方でも、設備や診療の流れについて分かりやすく説明します。
  • 疑問に思ったことを聞きやすい雰囲気作りを心がけています。

入院部門

  • 患者さまが安心して入院生活を送っていただけるように、専任看護師が中心となり日々看護を行っております。
  • また、医師・理学療法士など他部門との連携を密にとり、患者さまの順調な回復に向けて取り組んでいます。
  • 定期的に症例についてのカンファレンスを行い、知識を高める努力をしています。
  • チームワークもよく、アットホームで笑顔の多い環境で患者さまをサポートしていきます。入院中、些細な心配事でもかまいませんのでお気軽に看護師に声をおかけ下さい。

アイシング

アイジング機器

アイシング機器の使用を積極的に行い、痛みと腫れの軽減を図ります。

クリニカルパス

良質で安全な医療を確保し、患者さまの満足度を高めるよう努力しています。
スポーツ復帰・早期退院を目指したクリニカルパスを作成し、日々改良しています。

手術部門

  • 各種関節鏡(肩関節、手関節、膝関節、足関節)の機器が揃い、設備の整った手術室になっています。
  • 一部関節鏡機器に関しては、国内初導入の物もあり、より良い手術を受けることが可能です。
  • 部位によっては、患者さまがタブレットやモニター画面を見て、医師による説明を受けながら手術を受けることが出来ます。

関節鏡センター所属のスタッフは、外来・手術室・病棟・事務に所属しており、それぞれ連携を取りながら仕事をしています。
連携を図ることにより、患者さまの包括的サポートができ、個別性のある対応が可能となります。
また、包括的サポートを含め、手術前訪問を実施し、患者さまの不安の軽減や個々の要望に添えるよう努めています。

リハビリテーション部門

  • スポーツ・関節鏡センター専任のセラピストが特別チームを組み患者さまを担当します。
  • 骨折や靭帯損傷などの怪我に対して行う医学的リハビリテーションや、自宅への退院を目標としたリハビリテーション以外に、スポーツ競技の復帰を目指した局所から全身のリハビリテーションを行います。
  • 手術前より評価や松葉杖指導を行い、手術翌日より介入させていただきます。
  • 自主トレーニング指導を行い、リハビリテーション室をできる限り開放し、入院期間中のリコンディショニング等をサポートします。
リハビリテーション風景