歯科・歯科口腔外科

歯科・歯科口腔外科
特色
 歯科口腔外科(しかこうくうげか)は、単に“歯”だけを診るのではなく、歯茎・口の中全体(口腔)・顎および顔面を診療の対象としています。
また、口腔と全身状態を考慮したトータルな診療も行っております。
おもな病気と治療
 むし歯、歯槽膿漏(歯周炎)、親知らずの抜歯、顎関節症、ドライマウス(口腔乾燥症)、口の中のできもの(腫瘍)、顎の骨折、口の中のケガ(外傷)、口内炎、入れ歯、ブリッジ、さし歯 など。
デジタルレントゲン/CT/MRI
 患者様ヘの体の負担を考え、最先端デジタルレントゲンの導入により被爆量は従来の約5分の1に低減されます。
CT/MRIにより、病気の正確な診断と適切な治療につとめます。
レーザー治療
 レーザー治療により、安全で痛みの少ない治療を行っております。
スポーツ・マウスガード
 スポーツ・マウスガードは、スポーツの際におきる歯・口・顎のケガ予防・軽減するための装置で、脳震とうの予防や運動能力の向上の可能性も報告されています。 また、競技によっては、このマウスガードの装置が義務づけられています。
■市販のスポーツ・マウスガードとの違い
市販のスポーツ・マウスガードは手軽に購入することができますが、フィット感に関して完全なフィットは望めません。
そのため、運動中にずれが生じたり、はずれたりして口腔内を傷付けてしまう可能性があります。
また、呼吸や咬み合せに悪影響を及ぼすこともありますので、注意が必要です。 当院では、歯型と咬み合わせをとってマウスガードを作成しておりますので、その方の歯並びにピッタリあったものが出来上がります。
●マウスガードの効果
・口腔内(歯・舌・唇など)の外傷予防
・顎の関節保護
・脳震とうの予防軽減
・筋肉、運動能力による歯の磨り減り防止
・咬みしめによる歯の磨り減り防止
・相手選手への傷つけ防止
●マウスガードの装着が義務化されているスポーツ
アメリカンフットボール キックボクシング ボクシング

● マウスガードの装着が一部義務化されているスポーツ
ラグビー アイスホッケー インラインホッケー 空手 ラクロス

● マウスガードの装着が有効なスポーツ
ウエイトリフティング  サッカー  自転車  柔道  水泳 スカッシュ スキー
スケート  スケートボード  スノーボード  相撲  ソフトボール  テニス
バスケットボール  バドミントン  バレーボール  ハンドボール  野球 レスリング
車イスに対応しています
 車イス対応全身的なご病気をお持ちの方の歯科治療も受け入れております。
▲page top
 
医師紹介
歯科・歯科口腔外科 部長
田村 啓史(たむら ひろし)
資格
日本口腔外科学会 専門医
厚生労働省 臨床研修指導医
博士(歯学 / 大阪大学)
所属学会
日本口腔外科学会
歯科・歯科口腔外科 医長
丹羽 慎弥(にわ しんや)
資格
博士(歯学) 口腔外科学 専攻
厚生労働省 臨床研修指導医
所属学会
日本口腔外科学会
日本口腔診断学会
日本口腔内科学研究会
日本口腔インプラント学会
ドライマウス研究会
 
担当医師表

①=第1週 ②=第2週 ③=第3週 ④=第4週 ⑤=第5週

 
午前

9:00

12:00
(※受付:8:00-11:30)

田村 田村 田村 田村 田村 ④ ⑤
田村
丹羽 丹羽 丹羽 丹羽 丹羽 ① ② ③
丹羽
午後

13:30

17:00

田村 田村 田村 田村 田村  
丹羽 丹羽 丹羽 ② ④ ⑤
丹羽
丹羽  
夜間

17:00

19:00
(※受付:16:00-18:30)

丹羽     田村    
休診日 11/2(金)田村→代:丹羽

2018.11.01現在