中央病院NEWS


2012年06月13日(水)

中央病院だより 介護予防教室

新緑の鮮やかな5月19日(土)、阪奈中央こぐま園にて、今年度第1回目の介護予防教室を開催しました。テーマは“理学療法士による転倒予防教室”です。天気や気候にも恵まれ、27名の地域の方がご参加くださいました。
kaigo  講師に阪奈中央病院の理学療法士3名をお招きし、転倒のメカニズムや弊害、正しい杖の使い方の演習や個別アドバイス、体力測定、転倒予防体操を行いました。

まず、転倒についてのお話ですが、転倒の原因には内的要因(身体能力や疾患等)と外的要因(住環境)が合わさって発生することが多いのです。また、階段や玄関よりも庭や平らな道などわずかな段差で転倒するケースが多いそうです。
参加者の皆様は熱心にメモをとられてました。

杖は痛い方の足と反対側の手で持ち、杖と痛い方の足を同時につくようにすることが大切です。また、杖の長さは、その方の身長や背中の円背により異なります。そのため個別にアドバイスしていただき、喜んでくださった方も多かったようです。

少し休憩をしてから、体力測定(10m全力歩行、最大1歩幅、40cm踏み台)をしました。10m全力歩行では理学療法士が付き添いながら歩行し、皆様、全力以上の力を発揮されていたように思います。

後半は、①ストレッチ②筋力増強運動③バランス訓練 をふまえ、転倒予防体操をしました。『腕伸ばし』『足踏み体操』『つぎあし歩行』等、特に体全身を使った『身体ジャンケン』は盛り上がりました。

「家でも体操をやってみたい」「体のチェックができてよかった」などのお声を頂戴し、皆様、それぞれに楽しんでいただけたようです。
次回の介護予防教室は6月29日(金)14:00~阪奈中央こぐま園にて、“歯科医師によるお口の健康についてのお話と歯科衛生士によるお口の手入れ方法”です。講師に阪奈中央病院の田村歯科部長と歯科衛生士をお招きしています。皆様の参加をお待ちしております!

最新記事

お知らせ

糖尿病教室

在宅支援グループ

  • 頭と身体の体操皆様こんにちは。 今回のブログでは、5月24日(土)に開催されました、生駒台サロンについてご紹介致し…

    ☆生駒台サロン☆を読む »

広報紙なごみ

人気の記事 BEST5
年別記事
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2009
  • ブログの購読