中央病院NEWS


2009年12月15日(火)

中央病院だより 健康教室

12月10日(木)、午後1:30より阪奈中央病院にて『第4回糖尿病教室』全5回の2回目が行われました。

糖尿病とは、どんな病気なのか。参加される患者さま・ご家族様は、もちろんご存知だと思います。
この『糖尿病教室』は、症状を改善するための方法を再確認しあい、話し合っていける場になればと思っております。回を重ねるごとに良い評価をいただけるようになり、スタッフ一同うれしく思っています。

糖尿病とは?糖尿病の原因と治療について
まずは、当院内科医師より

一番の原因は「食」に対する認知のゆがみ、そして治療方法はこの認知のゆがみを矯正して『行動療法』を行うことです。

認知のゆがみの矯正・・・客観的に自分を見る。本当に食べ過ぎていないか、運動しているか。
依存症の治療・・・まんじゅう・ケーキ等(糖分)、チーズ・天ぷら等(脂肪)、を食べないと生きていけないと思いこむ依存症の克服。

また、BMI計算で自分の状態を知り、意識しながら目標設定を決めることが大切です。1年後に何kgになりたいかで、6ヶ月後、3ヶ月後、1ヶ月後の体重を決めていきます。無理せずできる範囲でゆっくりと行ってください。BMIを計算する→
お菓子を買う時も、裏を見てカロリーを確認しましょう!


お薬だけでは良くなりません糖尿病手帳を持ち歩く』 
当院薬剤師より

出先で体調不良になった時に、自分の病状を記した糖尿病手帳があれば安心です。ぜひ常備してください。

低血糖になったら?・・・10~20gのペットシュガーを水で飲む。ない場合はジュースを代用しても良い。
薬の服用を忘れたら?・・・時間外に飲むよりは、飲まない方が良い。

薬物療法は、糖尿病の進行を防ぐためで薬だけでは糖尿病は良くなりません。
薬には副作用(冷や汗、動悸、吐き気、手足の震え)もあるため、自分の薬をよく知りましょう。



1日のエネルギーは?指示エネルギーについて』 
当院栄養課部長より

1日のエネルギーが1400kcolなら、朝昼晩各400kcol程度になります。
※おやつを食べる場合は、朝昼晩のどこかからその分をマイナスしてください。

食材の選び方、調理方法でカロリーは大きく違ってきます。

×食材を小さく切って揚げる(油が多くなる)
大きいまま揚げ、後で切る

菓子パン、デニッシュは油が多いので朝ごはんにはならないおやつ扱いです。
フランスパン、食パンが適していますので、パン類を朝食に選ぶ際はご注意ください。

目に見えない油・・・市販のルー、マヨネーズ、ドレッシング、チーズ等

どんなものに油が多く含まれ、どんな調理法で油を少なくできるか確認しつつ、楽しみながら食事療法を実行していくことがポイントです。

次回は新年1月14日(木)午後1:30より開催します。
テーマは、糖尿病とのつきあい方、糖尿病の味方『食物繊維』、フットケアについて(鏡をご持参ください)です。
参加ご希望の方は、0743-74-8660までお気軽にお問い合わせください。
教室の詳細はこちらです

カテゴリ別最新記事

お知らせ

健康教室

広報紙なごみ

人気の記事 BEST3
年別記事
  • 2019
  • 2018
  • 2017
  • 2016
  • 2015
  • 2014
  • 2013
  • 2012
  • 2011
  • 2010
  • 2009
  • ブログの購読