地域包括ケア病棟


wifi無料

地域包括ケア病棟
地域包括ケア病棟のご案内
地域包括ケア病棟とは、一般病棟での治療を終えた後、自宅や施設への復帰に不安がある方、在宅療養中の病気・けがで入院が必要とされた方などを対象とし、早期の在宅復帰を目的とした病棟です。
本来は、一般病棟で症状が安定すると、早期に退院をしていただくことになっていますが、「地域包括ケア病棟」では入院される方の状態に沿って作成した「在宅復帰支援計画」に基づき、主治医・看護師・リハビリスタッフ・医療ソーシャルワーカー等が協力し、早期の在宅復帰に向けた支援を行ってまいります。なお、入院期間は症状によって調整されますが、上限は60日となっています。

地域包括ケア病棟の対象となる方
「医療や介護が必要となっても、住み慣れた地域で住み続けたい」という方で、
  1. 一般病棟での治療を終えられた方のうち、退院後の在宅生活に不安を感じておられる方
  2. ご自宅や施設等への退院にむけて準備・リハビリテーションが必要な方
  3. ご自宅や施設等での療養中に、急病やけがで入院を必要とする方
  4. ご自宅で介護されている方の介護疲れなどで、短期間の入院を希望される介護を受けられている方
入院の流れ
当院の一般病棟からの入院については、主治医が判断し患者様・ご家族にご提案します。ご自宅や施設におられる方で入院を希望される場合は、まずはかかりつけ医にご相談ください。


入院費用
「地域包括ケア病棟入院料」が適用されます。入院費は1日あたりの定額制となっており、リハビリテーション・投薬・注射・検査・画像診断等のほとんどの費用が含まれていますが、手術・麻酔・人工透析等の費用は、従来通り出来高にて算定されます。なお、食事代・差額ベッド代・おむつ代などは別途料金がかかります。
きめ細かなサポート体制
和幸会グループには、訪問看護や訪問介護、訪問リハビリ等を提供する在宅支援グループや介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、サービス付き高齢者向け住宅、グループホーム等の入所施設及び医療法42条に基づくメディカルフィットネス施設があり、在宅での生活を多方面からサポートします。
 
相談をご希望される場合
地域医療連携室」にてご相談を受け付けております。相談費用は無料です。
※相談内容ついては、個人の秘密を厳守いたします