奈良県立医科大学スポーツ医学研究センター

センターの紹介

 平成29年4月1日より、当院のスポーツ関節鏡センター内に「奈良県立医科大学スポーツ医学研究センター」が開設されました。関西地区では初のスポーツ医学専門の研究機関となります。
 世界の舞台で活躍するトップアスリートのみならず、小さなお子様から高齢者に至るあらゆる世代のスポーツ選手・愛好家の診療を数多く行ってきた阪奈中央病院と、奈良県立医科大学および他の医療機関との連携を一層深化させ、さらに高度で質の高い専門的な医療を提供してまいります。
 お体で気になる症状・お困りごとがありましたら、当院の整形外科を受診してください。専任の医師・看護師・理学療法士・診療放射線技師等のスタッフが受傷時からスポーツ復帰まではもちろん、スポーツ復帰後も継続してサポートさせていただきます。
 私たち阪奈中央病院は、日本のスポーツ医学の向上の一助になれればと思いを新たにしています。

奈良県立医科大学 整形外科学教室
田中 康仁 教授からのメッセージ

 田中康仁教授阪奈中央病院スポーツ関節鏡センターは、奈良県立医科大学整形外科学教室の関連病院として、患者さまに満足いただける医療を提供することができる施設であると考えています。
 2017年には「奈良県立医科大学スポーツ医学研究センター」が設置され、出先研究機関として大学との連携をますます強化し、これまでの患者さま中心の医療はもとより教育・研究の一端も担ってもらえればと考えています。
 今後のさらなる発展を大いに期待しています。

奈良県立医科大学 整形外科学教室 教授
田中 康仁


熊井 司先生よりのメッセージ

 熊井司医師阪奈中央病院スポーツ関節鏡センターは、開設から約3年が経過し今では全ての年齢層のスポーツ愛好家からプロ・アスリートに至るまで、あらゆる競技レベルとスポーツ種目の選手に対して、チーム医療による最新のアスリート治療を提供することができる施設へと成長したと思います。
 2017年からは奈良医大スポーツ医学研究センターとしての責務も加わり、周囲からの期待は一層強くなることが予想されます。
 開設当初から関わってきたチームの一員として、今後のさらなる発展を心より応援しています。

早稲田大学スポーツ科学学術院 教授
奈良県立医科大学 招聘教授
熊井 司