スポーツ・関節鏡センター トップへ

PRP療法

PRP療法とは?
自分の力で再生する。
人が本来持っている治癒能力を 最大限に引き出す治療方法です

PRPとは、Platelet-Rich Plasmaを略した名称です。日本語では多血小板血漿と呼ばれていて、血小板の濃縮液を活性化したものを指しています。

血液1mm3当りに10万~40万個含まれる血小板は、血管が損傷したとき損傷した場所に集まって止血をするのですが、その際に多量の成長因子を放出します。この成長因子には、組織修復のプロセスを開始する働きがあります。

PRP治療とは、PRPに含まれる成長因子(下に詳細を記します)の力を利用して、人が本来持っている治癒能力や組織修復能力・再生能力を最大限に引き出す治療です。ご自身の血液成分だけを用いた治療ですので、免疫反応が起きにくいという点も大きなメリットです。

1週間~6か月で組織の修復が起こり、治療後2週間~3か月に効果の出現が期待できます。また、繰り返し治療を行うことも可能です。

PRPに含まれる物質
血小板由来成長因子
細胞の複製を刺激します。血管形成・上皮形成・肉芽組織形成を促進します。
形質転換成長因子
細胞外マトリックス形成を促進します。骨細胞の代謝を調節します。
線維芽細胞増殖因子
内皮細胞および線維芽細胞の増殖を促進します。血管形成を刺激します。
血小板由来成長因子
細胞の複製を刺激します。血管形成・上皮形成・肉芽組織形成を促進します。
血管内皮成長因子
血管形成を促進します。
PRP治療の手順概要
(詳しくは、主治医にお問い合わせください。)
STEP1
採血ご自身の血液を約26mL採血します。
STEP2
PRP分離専用チューブに、STEP1で採血した血液を注入します。
STEP3
採取した血液、専用の遠心を用いて遠心分離しPRPを作製します。この間は待合室にてお待ちください。(30分程度)
STEP4
遠心分離されたPRP成分を注射器にて吸い取ります。
STEP5
エコー装置で正確な損傷部位を確認しながら、注射器にてPRPを注入します。
PRP治療を希望される方へ
詳細につきましては、医師の説明をよくお聞きになり、PRP 療法をお受けになるか否かをお決め下さい。
お受けになる場合には同意書に署名して頂く必要があります。
PRP治療についてご不明な点がございましたら、どうぞ遠慮なさらず主治医にお問い合わせください。
PRP 治療の欠点と副作用について
※個々の体質により異なります。
  1. ご自身の血液を使用するため体調や年齢などに左右され、場合によっては安定した効果が出にくいといった欠点があります(治療効果・効果の持続期間には個人差があります)。
  2. 施術時、患部への注入には痛みを伴います。
  3. 施術後数日間、治療部位に腫れ・痛み・熱感が出ます。
  4. 腫れは治療部位によっては 1 週間程度続くことがあります。
  5. 採血部位、治療部位に皮下出血が起こる場合があります。
他の治療法との比較について
今回お受けになる PRP 治療以外にも、現在は次のような治療が行われています。
  1. ステロイド剤を用いた治療
    抗炎症作用を期待して、ステロイド剤を用いた治療が通常診療で行われていますが、逆にステロイド剤の副作用で重篤な感染症の誘発・骨粗鬆症の増悪・薬剤離脱困難等が生じてしまうことが稀にあります。
  2. ヒアルロン酸を用いた治療
    ヒアルロン酸はクッションのような働きをし、痛みを和らげる効果がありますが、作用効果が短期間であるため反復性の治療が求められます。

※以上も踏まえ、PRP 治療をお受けになるか否かをご検討頂く必要があります。

その他治療についての注意事項
体調が良くない場合や、採取した血液の状態によっては、PRP を分離できないことがあります。その際には、再度採血をさせていただく場合があります。また、PRP を濃縮する機器は定期的にメンテナンスを行っていますが、突然の不具合発生により、治療の日程やお時間を変更させていただくことがありますので、ご理解の程お願いいたします。

※上記の内容は、PRP治療に関する説明・同意文書の一部抜粋です。

治療にかかる費用について
PRP 治療は医療保険の対象ではありません。
  1. 医療保険を使った診療との併用はできません。保険診療は一旦終了していただきます。
  2. 全額自己負担となり、下記の治療費を全額お支払いいただきます。
PRP 治療費
初回 100,000 円(税別)
2 回目~ 80,000 円/1 回(税別)

治療後、個人的な事情及び費用等に関する問題に関しては、一切の責を負いかねますのでご了承ください。